使えると使いこなせるとは大違い

数年前から山に入る(決して登山とは言いません)機会が多くなったbananaです。
一昨年の夏にある低山で踏み跡を見失い、あわや遭難!という経験をしました。
ニゴマンとコンパスは持っていたものの、現在地がわからないためどうすることもできずボーゼンと立ち尽くしていたら・・・あるじゃないですか、iPhoneが。
助かったと思ったのも束の間、画面を見ると「圏外」というツレない表示。
もう本当にオシマイかと半ば諦めつつも何とか自力で下山しましたが、帰宅してからアレコレ調べてみたら、普段ログ取りに使っている地形図ビューワアプリの開発者のサイトに「iPhoneのGPSは圏外でも動きます」と書かれているのを見て絶句。もうGPS専用機を買ってしまったのに・・・
(注)当然ですが圏外ではオンライン地図は使えません。事前に地図を取り込むかキャッシュしておく必要があります。
端末の基本的な仕様を知っていたらあれほどの絶望感を味わうこともなかったでしょうし、そもそも道迷いなどすることはなかったでしょう。宝の持ち腐れとはまさにこのことですね。

誰でも手軽に使えるのがスマホの良いところですが、「使える」のと「使いこなす」の間にはとても大きな壁があるということを思い知らされたのでした。

–おまけ–
iPhoneとGPS専用機のログを比較してみました。
gpslog
赤がiPhoneで緑がGPS専用機です。

性能はほぼ互角(当然?)ですがそれぞれ一長一短があります。
iPhoneは画面が大きいので地図が見易く操作が簡単、GPS専用機は防水・対衝撃性に優れバッテリーの保ちが良い。
どちらを持って行くかとなると、低山日帰りなら(ビニール袋に入れた)iPhone、本格的に縦走するなら・・・(ビニール袋に入れた)iPhoneとモバイルバッテリーの組み合わせでしょうか。

そうです、結局私はiPhoneが好きなのです。

カテゴリー: その他 パーマリンク