アプリ選択の決め手は?

みなさんこんにちは。
技術者集団の中で孤軍奮闘?する営業社員bananaです。
弊社エンジニアの書いた内容が技術的過ぎてお腹いっぱいの方もいらっしゃるかと思いますので、シロウト目線の軽いお話をお送りしたいと思います。

私がMacintoshと出会ったのは今からうん十年前。その頃のApple社は風前の灯火、Mac?ああ、ハンバーガーね。というのが一般的な反応でした。
それから数十年・・・Apple社の発展は目覚ましく、iPhone、iPad、iPodなどは誰でもが知る存在になりました。そのお蔭もあってか、Macユーザも以前とは比較にならないほど増加しているようです。
さらに、機能面でも最近Apple製品のお行儀がよくなり、以前のような不安定さはほとんどなくなったことと、併せてワードやエクセルなどWindowsとの互換性が高まったことがユーザ増加の要因と思います。
Windows のことはわかりませんが、当時Macユーザは仕事の途中で席を立つ際には無意識に「cmd+s」という習慣が身に付いていました。ちょっと油断するとすぐに爆弾やらカーネルパニックが発生して、今までの仕事が水の泡になることが多かったのですね。何度も痛い目に遭うと、自然と自衛策が身に付くものです。

それでも私がMacintoshを使い続けていたのは、操作性が秀逸だったからに他なりません。ヒューマンインタフェースガイドラインが細かく決められていたためショートカットキーなどもすべて共通なので、どのアプリケーションでも基本的な操作で迷うことがなかったのです。

ユーザインタフェースの重要性はコンピュータアプリケーションに限ったことではなく、毎日使うものであればあるほどモノを言います。
だって、「使いにくいんだよネ」と言いながら使い続けるのって猛烈なストレスになりませんか?

毎日使うものの代表と言えば、スマホ。(やや強引に、ようやく本題が・・・)
ハードウェアもさることながら、アプリの使い勝手の善し悪しが幸せなスマホライフを送れるか否かの鍵を握っているのではないでしょうか。
もちろん、機能が違えば使い勝手もそれぞれなので一概には言えません。それでも、常にユーザビリティを考慮しながら作られたものとそうでないものの差は歴然です。
たかが200円、されど200円。ダウンロードしてから「イマイチでございました。オシマイ。」とならないためにも、ユーザビリティの重要性をよく理解している開発ベンダーを見つけることが大切です。

デザインや機能は素晴らしいけれど、何となく使いにくいアプリ。
デザインや機能は必要最小限でも、使い勝手は非常に素晴らしいアプリ。

いえいえ、志は高くないと!
デザインや機能に加え使い勝手もピカイチのアプリを世に送り出すため、毎日アレコレとたくさんのアプリを弄り続けているのであります。

カテゴリー: その他 パーマリンク